東京都立川市の鍼灸・整骨院 JR南武線西国立駅から徒歩5分 肩こり・腰痛・アレルギー・過敏症・花粉症・交通事故

羽衣町鍼灸(はり きゅう)整骨院 - 東京都立川市
羽衣町鍼灸(はり きゅう)整骨院 - 東京都立川市

施術メニュー

 

アラテックセラピー(アレルギー、過敏症)

食物アレルギー、金属アレルギー、犬・猫アレルギー、過敏症、花粉症、頭痛、皮膚のかゆみ、赤み、湿疹、蕁麻疹、目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、喘息、化学物質過敏症、胸やけ、ガス、悪心などの症状を軽減させることが期待できる施術です。

 

鍼灸

肩こり、腰痛などの痛みや筋緊張に関与しているツボへ鍼をして症状を軽減させる施術です。自費施術となります。かかりつけの医師に「はり・きゅうの同意書」がもらえる方は保険が使える場合があります。詳しくはお問い合わせください。

 

整骨(柔道整復)

筋肉、関節、靭帯などの外傷性による原因でいわゆる捻挫や肉離れ、日常生活やスポーツ中に負ったケガを施術します。各種健康保険を使っての施術となりますので来院時には保険証をご持参ください。また労災の取り扱いもしております。

 

交通事故対応

ご自身やご家族、お友達が交通事故でむち打ちや打撲などのケガをした場合は当院へご相談ください。痛みを我慢せず早めの受診をおすすめいたします。自賠責保険の適用になる場合は負担金は0円です。ご不明な点はお問い合わせください。

 

 

当院では得意とする症状があります!

 

  • あまり薬に頼りたくない
  • 何軒か治療院を回ってみたけど…
  • 局所(痛いところ)へ鍼をしたが良くならなかった
  • 慰安的なマッサージでは…
  • 「年齢のせいだから」と言われた
  • 症状があるのに周りに理解されない

 

上記に当てはまる方、または次のような症状でお困りでありませんか?

 

 

首、肩のこりや痛み

 

 

  • 気がつくと手が肩にいっている
  • デスクワークで肩がこる
  • ひどくなると頭痛がおこる
  • 腕が上がらない、上げようとすると痛む
  • 首がこる、または動きが悪い

 

首や肩のこりはお仕事で一日中パソコンを使用したり、車での長距離の運転など様々な原因がありますが最近はスマホを長時間使用する時の不良姿勢によるものが増えてきているそうです。

またスマホ画面を凝視してまばたきの回数も減って目も疲れてくると後頭部の辺りにも違和感が起こることもあります。

つらい所、こっている所、痛む所はだいたい筋緊張が強くなっています。その筋肉が緩むと症状も軽くなります。

 

当院ではその筋緊張を緩める方法として鍼施術をお勧めします。鍼が苦手という方には違う方法でアプローチします。

 

鍼をする場合、そのこりの部位に直接するのではなく手や足のツボ、時にはお腹の反応を診てツボを選びます。一言に首・肩こりと言っても人それぞれに反応部位が違いますのでその方にあったツボをさがします。

 

肩のコリには鍼灸施術を肩のケガでの痛みには柔道整復での施術をおすすめ致します。

 

 

 

腰痛、ぎっくり腰

 

 

  • 常に腰に違和感や痛みがある
  • 腰を伸ばせない、または前へ屈めない
  • 突然、腰が「ギクッ」として動けなくなった
  • ぎっくり腰を繰り返しやすい
  • 長く座っていると腰が落ち着かない

 

膝の痛み

 

 

  • 歩行時や階段で膝が痛くなる
  • シップやサプリメントを使用しても膝痛が治らない
  • 曲げ伸ばしがしにくい、または動かすと痛い
  • 膝の内側や後ろが痛くなる

 

ばね指、腱鞘炎、手首の痛み

 

 

  • 指の曲げ伸ばしで引っかかる
  • 指がスムーズに動かせない
  • 注射や手術をすすめらている
  • 手首を動かすと痛む

 

花粉症

 

 

  • 鼻水、目のかゆみ
  • ある季節だけ症状が出る
  • 症状のせいで仕事、勉強に集中できない

 

アラテックセラピーをおすすめいたします。

スギ、ヒノキ、ブタクサなどが原因で症状を引きおこしますが、アラテックセラピーではそれ以外にも原因となる物質がないかを評価して施術を行います。施術は5回以上必要になることもあります。

 

上記の症状がある方、あきらめないで!当院が全力でサポートいたします。上記以外の症状がある方もお気軽にご相談下さい。

 

 

初めて来院される方へ

当院は日常生活、スポーツ、交通事故のケガなどに対応しております。慢性の痛みには鍼灸を急性のケガや捻挫には柔道整復での施術をおすすめします。どちらを受けてよいか分からない症状はお気軽にご相談ください。

鍼灸が初めての方でもご安心下さい。鍼灸の刺激を最小限にし効果は最大限に出るよう心掛けて施術しております。

 

また2021年11月よりアラテックセラピーを導入しました。アラテックではアレルギー(食物・動物・金属含む)、過敏症、花粉症などの施術を行えます。

 

 

鍼治療による症例

 

 

 

鍼治療による症例

鍼治療における症例報告の一部をご紹介いたします。ご参考になれば幸いです。

 

アラテックセラピー

 

 

アテックラセラピー(以降アラテックと呼びます)は、アレルギーや過敏症に関連する多くの症状を軽減緩和させる独自の非常に効果的なアプローチを提供しています。アラテックは、過剰反応(誤反応)に関連する臓器系に焦点をあてた高精度の施術法です。アラテックは、免疫系を治療するのではありません。代わりに、臓器系との関連による無害物質に対する不適正な反応(誤反応)に焦点をあてて、関連症状の軽減に迅速で、長期的な結果をもたらす施術法です。アラテックは、21世紀の科学を3000年の伝統をもつ鍼施術原理とを融合させて、アレルギーや過敏症に関連する症状の軽減緩和における効果的な代替法を提供しています。

 

 

非侵襲性です

痛みはありません

クスリは使用しません

サプリメントは使用しません

全年齢対象です

原因物質を避ける必要がなくなる可能性があります

 

 

アレルギーと過敏症を理解する

アレルギーと過敏症は、無害な物質に対する不適正な反応によって引き起こされるものです。「アレルギー」という言葉は、ギリシャ語のallosを起原とし、「他の」という意味があります。体の免疫系における「変化した反応」として1906年に初めて言及されています。

 

「真のアレルギー」とは、免疫系によって引き起こされる反応ですが、免疫系によるもの、そうではないものを含む多大な数の症状や状態が過敏症によって引き起こされます。食物に関連する反応では、大多数の人々がアレルギーを持つと考えていますが真のアレルギーを持つ人は2%未満です。実際、多くの人々は診断されていない食物への過敏症や不耐性に苦しんでいます。アラテックの施術法を求める患者の方々大部分は、真のアレルギーを持つ人々ではありません。その症状は免疫性には関連しない過敏症によって引き起こされている可能性が高いのです。過敏症に対する治療法のオプションは、回避以外にはほとんどないため、アラテックが提供しているのは非常に効果的な代替施術法です。ただし、真のアレ

ルギーによって引き起こされる症状でも、アラテックの施術に良い反応を示します。これは、反応に関連する臓器にも対処するためです。

 

「アレルギー」という言葉の使用が、一般の人々がアレルギー、過敏症、不耐性を説明するために使う総称となりました。

 

アラテックとは?

アラテックは、アレルギーと過敏症に関連する多くの症状を軽減するのに極めて効果的な、臨床的に証明された施術法です。これは20年を超える臨床研究に基づいて開発された治療的アプローチです。アラテック療法は、薬剤、薬草または栄養補助食品の使用に依存しません。本治療法は、安全で、苦痛を伴わないため、乳児を含むすべての年齢の方にご受けていただけるものです。

 

アラテックは、主要な臓器系と無害な物質に対する不適正な反応との関係に直接働きかけるものです。免疫系は真のアレルギーにおいて免疫反応を引き起こす原因ですが、その結果生じる症状の種類を左右するのは臓器系の健康状態です。過敏症とアレルギーの両方において、症状は一般的に影響を受けた臓器から派生するものです。例えば、ある患者には大豆に対する反応として湿疹ができ、別の患者には、鼻づまり、胸やけ、過敏性腸症候群(IBS)の反応が生じます。これらの症例における各症状は、関連する異なる臓器系を象徴するものです。反応に関連する臓器系を施術することで、人体はより適切に反応することができます。

 

施術中、反応に関連する臓器系に対応するツボに対して軽い圧力が当てられます。アレルゲンまたは原因物質によって引き起こされた臓器系へのストレスの度合いは、否定的反応の度合いに比例します。刺激を当てているあいだ、原因物質表象するものをわずかに皮膚の表面に適用されます。この刺激によって影響をうける臓器系へのストレスを軽減し、より適切な反応が起きるようにします。

 

すべてのホリスティックな医学分野は、全身を治療するというアプローチにおいて足並みを揃えています。これらの分野では、健康状態は、さまざまな形態のストレスやその他の要因によって引き起こされる適切な機能に対する干渉の結果発生する、という理解を共有しています。ストレスや干渉を軽減すると、最適な健康が可能になるのです。特定の臓器系がサポートされ、ストレスが軽減されると、全身がより適切に反応できるというわけです。

 

アラテックは、アレルギー、過敏症や不耐症を診断いたしません。

アラテックは、アレルギーや過敏症の検査はいたしません。アラテックシステムは、何が身体にストレスを引き起こしているのかを評価するものです。

アラテックは、アレルギーを治癒するものではなく、施術は免疫系を施術するものではありません。 アラテックは、アレルギーや過敏症に関連する症状を長期的に軽減する極めて効果的な施術法です。

アラテックは、アナフィラキシーの症例や命にかかわる症状を施術いたしておりません。

 

効果が期待される症例

過敏性や不適切な反応(誤反応)が、体内の臓器系のどれかから症状を引き起こす場合があります。系統によっては、一定のアレルギー群や物質に反応しやすいものがあります。例えば、呼吸器系が花粉に反応する、などです。ですが、物質は臓器系のどれにでも影響を与える場合があり、その結果、症例によって異なる多数の症状が引き起こされます。例えば、小麦に反応してじんましんができる人もいれば、消化器系の問題が起こる人もいます。疲労、喘鳴、胃酸逆流のすべてが別の患者に発生する場合もあります。アラテックは、アレルゲンまたは原因物質によって影響をうける特定の臓器系に対処します。

 

 

消化器系

症状には胃酸逆流、胸焼け、腹痛、腸の痛み、筋けいれん、ガス、膨満、吐き気、下痢、嘔吐などがあります。主な原因は食物や他の経口摂取物への反応によります。

 

呼吸器系

症状には、くしゃみ、鼻づまり、鼻水、喘鳴、息切れ、せき、後鼻漏、皮膚の疾患、発疹やかゆみ、涙目などがあります。反応は、花粉、ほこり、食物、化学品や動物(犬や猫の鱗屑や鳥の羽など)、空気中物質や接触刺激などに関連する場合があります。

 

皮膚 

症状には、赤み、かゆみや鱗状の皮膚発疹、にじみ出たり、痂皮形成した水泡、乾燥した皮状の斑点やじんましんなどがあります。皮膚反応の主な原因は、食物に対する反応である場合もありますが、植物、接触刺激や化学品が原因である場合もあります。

 

頭痛や偏頭痛

チョコレートやカフェインなどの食物による反応によって引き起こされたり、花粉や家庭用洗浄剤、香水や車の排気ガスを含む化学品などの空中の刺激物によって引き起こされる場合もあります。

 

疲労や倦怠感

多くの反応は倦怠感や疲労感を招きます。疲労は、午後の食事後など、一日の一定の時間に起こる場合もあります。

 

複数の系統

症状が複数の体内の系統に影響を与え、頭痛、苛立ち、活動過剰、気分変動、疲労、頻脈や炎症が起きる場合があります。

 

一般的要因

化学品、家庭用洗剤、香水、建築資材、 洗濯用洗剤、農薬

ラテックスやペンキ、接着剤、カーペット、木材や塗料などの建築資材などへの職業上の過敏症。また動物、熱、低温、湿気などによる過敏症。

 

アレルギーや過敏症に関連する症状は、次のような一般的な症状の一因となる場合があります。喘息、過敏性腸症候群(IBS)、注意欠陥障害(ADD)、注意欠陥及び多動性障害(ADHD)。ただし、すべての症例にアレルギーや過敏症が関連するとは限りません。

 

過敏性腸症候群(IBS)は、主に過敏症が原因で、全人口の約15%に影響をおよぼしています。一般的な症状には、下痢、便秘、腹部膨満感や腹痛などがあります。

 

湿疹、皮膚炎、じんましんなどの皮膚疾患が、アレルギーや過敏症の症状に関連する最もよくある症状です。

 

 

ご了承いただきたいこと

アラテックは、いかなる結果も保証いたしかねます。アラテックは、アレルギーや過敏症に関連するの多くの症状の軽減に極めて効果的ですが、効き目がない症例もあります。

 

アラテックは、アナフィラキシーや不耐症の方への施術はいたしおりません。

 

一般的なアレルゲンまたは原因物質

 接触刺激

吸入性アレルゲン

摂取性アレルゲン

 

貝類

赤および白ワイン、ビール

化学品、ラテックス

果物

食物成分

香水

各種ベリー系

空気中の刺激物

薬草療法

ほこりやダニ

栄養補助食品

なす科の食物

季節性アレルギー

環境要因

穀類

動物の鱗屑

木、金属

乳製品

布、内装素材、プラスチック製品

毒刺を持つ虫

コーヒーやチョコレート

洗剤や柔軟剤

日光

気圧

 

 

アラテックについての質問(Q&A)

 

Q. どのくらいで結果が得られますか?

A. 多くの症例で施術に対する反応は速く、最初の数回の施術で長期的な結果が得られます。 ですが、各症例によって異なり、さらに追加的に複数回の施術が必要な場合もあります。

 

Q. 羽衣町鍼灸整骨院で対応できる一般的な症状は何ですか?

A. 膨満感、胃酸逆流、胸焼け、下痢、吐き気、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、後鼻漏、かゆみ、涙目、せき、喘鳴、息切れ、赤み、かゆみ、湿疹、にじみ出たり痂皮形成した水泡、乾燥した革状の皮膚部位、じんましん、皮膚のかゆみ、活動過剰、気分変動、頭痛、倦怠感、疲労、化学品過敏症、日光への反応、あるいは無害な物質に対する否定的な反応。 

 

Q. 施術セッションは何回必要ですか?

A. 必要なセッションの回数は、反応を引き起こしている項目の数によります。例えば、5つの物質群(乳製品、小麦、とうもろこし、動物鱗屑、花粉)に反応する患者様の場合は、症状を軽減、緩和するのに5回から12回のセッションが必要となる場合があります。

 

Q. 施術には年齢制限がありますか?

A. いいえ。乳児を含め、どの年齢でも施術を受けられます。

 

Q. セッションで処置の対象となった品目に触れてもいいようになるまでに、どのくらいかかりますか

A. セッションの後、患者様はできれば2時間は施術した物質を避けるべきです。 対処した物質によっては、必ずしも回避が必要になるわけではありません。 患者様は、翌日まで(24時間後)はその物質と極度に接触しないことをお願いしております。

 

Q. 費用はどれほどで、何が含まれますか?

A. 初回の費用は、16,500円(税込み)で、これには初回評価と施術が含まれます。次回以降の施術費用は、11,000 円(税込み)です。

 

Q. 1日に複数の施術を受けることは可能ですか?

A. はい。 1日に2回の施術を受けることができます。ただし、次のセッションまでに少なくとも2時間の間隔をあけていただく必要があります。

 

Q. セッションの時間はどれほどですか?

A. 初回セッションは約60分強で、これには評価と施術が含まれます。以降のセッションは、1回の施術に30分~60分です。あくまで目安ですので前後する場合がございます。

 

Q. 施術には健康保険が利きますか?

A. いいえ。アラテックセラピーには健康保険は使えません。

 

Q. どうやって予約すればいいですか?

A. 直接当院の電話番号042-595-6678 にお電話ください。施術中や留守の時はかけ直していただくか、留守番電話の時は連絡先とご用件を残してください。こちらからおかけいたします。

 

Q. 予約の前にしなければならないことはありますか?

A. 患者様には初回のセッションの5~10分前にお越しいただき、必要書類をご記入いただきます。

 

当院に来院前は、喫煙したり、香水や香料を使用しないでください。これらの物質に敏感な他の患者様方へのご配慮のためです。

 

初回のセッションには医師からのアレルギー検査結果があればご持参ください。参考にさせていただきます。

 

処方箋や市販薬は、当院の施術には影響ありません。

 

同日に別の療法(マッサージ、カイロプラクティック、鍼治療)を受ける予定がある患者様は、できれば、アラテック施術の前にそれらの療法を予約するようにしてください。

アラテック施術後には他の療法を受けずになるべく安静に過ごされる事をおすすめ致します。

 

発熱など、急性の疾病にかかった場合は、当院にご連絡して予約を変更してください。

 

 

羽衣町鍼灸整骨院では、アナフィラキシーやいかなる命ににかかわる症状も施術いたしません。

 

 

Q. 施術の前に服用している薬をやめるべきですか?

A. その必要はありません。患者様は、医師の承認なく医師の処方した薬の服用を停止する必要はありません。本施術には影響しないため、現在の症状を管理するための市販薬の服用は、継続いただいてかまいません。

 

Q. 羽衣町鍼灸整骨院で従来の医療によるアレルギーテストは行なわれますか?

A. 従来のアレルギーテストは一切行いません。ですが、患者様には医師によるアレルギーテスト結果をお持ちの方にはご持参いただくようお願いいたします。

 

Q. 症状が軽減するという保証はありますか?
A. 残念ながら、保証はできません。ですが、本施術を受けた患者様の大多数は、アラテック施術に長期的に好ましい反応を示しています。将来的に新しい症状が発生しないことは保証いたしかねます。

 

Q. 施術者はどのような資格を持っていますか?

A. 施術者は、 アラテックセラピー資格認定を受けた医療従事者です。

 

Q. 食物不耐性は施術可能ですか?

A. いいえ。食物不耐性は、体内で物質が適切に消化されるのを阻止する酵素欠乏症がかかわるという点でアレルギーや過敏症とは異なります。そのような症例では本施術による効果はありません。

 

Q. アナフィラキシー性の症状を施術できますか?

A. いいえ。アナフィラキシー反応に関わる症状は施術いたしておりません。ただし、アナフィラキシー性反応のある患者の方でも他の命に関わらない過敏症については施術を受けていただくことができます。

 

 

症例検索

症例&専門情報の検索

サイト内の関連情報の一覧が出ます

お悩みの病名や症状を入力してください

2019年2月19日

ホームページを公開いたしました。

ブログ

院長: 大山 祐二
院長: 大山 祐二
おおやま ゆうじ
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2022年7月»
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    • 休診日
  • アクセス
    アクセス
  • ご来院地域
    【東京都】
    立川市 国立市 日野市 昭島市 国分寺市 武蔵村山市 東大和市 小平市 福生市 町田市 八王子市…
  • ブログ
    スタッフのブログ
  • お気に入り